「医療×農業×飲食」健康のためのコラボレーション

活動報告

農業で「よい野菜」を作り、それを美味しく調理する。それがKNIの「食」。

− 何故、病院で農業、飲食事業をされているのですか?

松本
広い意味では農業も医療。KNIではそういった考え方をしてるんです。
病院の中で提供するものだけが医療ではなく、普通の生活をしていて、関わってくる、食事とか運動とか睡眠とか全てが医療だという考え方です。そう考えると、体の中に入ってくる食物っていうのは医療的要素がとても強いと思うんです。良い食べ物を提供する農業も医療の一環なんです。

池上
病気だったり、本当に疲れている時って添加物の匂いに敏感になったりしませんか?化学的なものを体が拒否するのを感じるんですよね。元気な時はなんともなくても、身体が弱っていると身体に必要なものを求め出す。今の病院食は、数字で決められた枠の中に収まるように食材を選んでいるように思えるので、私は、好きじゃないんです。カロリー計算や塩分の計算はしているけど、けっこう添加物は入っていたりしますし第一あまりおいしいものが多くない。

松本
私が肝炎になって入院した時、当然、肝炎食を出されたんですが、それを食べてると「ああ、自分は病気なんだ」って思っちゃう。それがストレスになって病気を悪くしてるっていう面もあるんじゃないかなと思いました。

池上
病院食のように塩分を減らしたり、調整されて数字上で「健康食」にされた物って、見た目が悪かったり、量が少なかったり、美味しくなかったり。
もちろん、病院食を摂らなきゃいけない人はいるんですが、入院して病気と戦わなきゃいけない時に食べる病院食だからこそ、美味しくて患者さんが食べたいと思うものでなければならない。私はそう思います。

− よい野菜というのは無農薬野菜のことでしょうか?

松本
今、KNIの農場で作っているのは固定種、在来種といわれるいわゆる昔ながらの自然な野菜です。現在、世間で主として作られている野菜は見た目がよく、生産性が高く、管理しやすいように品種改良されています。もちろん一概に「良い・悪い」を語れる問題ではありませんが、「健康とのコラボレーション」を考えた場合、品種改良をされていない野菜本来の持つ力にあふれているであろう固定種、在来種を育て、野菜の力を体に取り込んでもらうのがよいのではないかと考えました。
自然の卵には含まれていないのに、大量生産された鶏の卵だけにアレルギーを起こさせる成分が含まれているなんていう話もありますし。

池上
もともと自然の野菜には、体を温めるとか、冷やすとか。それぞれ効能があるんです。糖尿病食とか肝炎食とか枠の中でメニューを決めるのではなく、患者さん一人一人のニーズと症状にあった料理を提供出来るようになりたい。私は食事って、日常生活に当たり前にある事なので、美味しく食べて、いつの間にか健康になる、そんな食事提供を病院から始めていきたいと思っています。

− KNIグループの「食」の事業、今後の展開は?

池上
KNIでは、この新聞の表紙になっている北原リハビリテーション病院のある八王子市左入に2017年、「医療と健康のテーマパーク」を開設予定なんです。病院というと病気になった人が来る場所というイメージが強いですが、そこは病気でない人も来て、楽しみながら、医療や健康について学び、自然に健康になっていく、そんなテーマパークになる予定です。私たちはそこにレストラン
を開くことになっています。レストランでは患者さんだけでなく、病気じゃないと思っている人ににも料理を振舞い、来た人には冷え性とか、疲れやすいなど簡単に健康に関する悩みを書いてもらって、それにあわせた食材を使った料理を提供することも考えています。

松本
レストランをオープンするためには色々準備が必要ですし、私たちの考えに共感してくれる農家さんなどと協力体制を築いていく必要もありますね。

池上
「食」の事業のスタートとして、KNIの農場で採れた自然な野菜を調理して、お弁当や惣菜を作り北原国際病院1階カフェで週2〜3日(水・木・金)に販売しています。私たちの食に対する考え方・取り組み方をを北原病院に来てくださっている方々に広く知ってもらうことを重視しています。
知ってもらいやすいように毎月、健康と食について豆知識をのせたリーフレットをカフェに置いています。まだ、惣菜、お弁当の種類が少ないので、今後は料理の種類もどんどん増やしていきます。

松本
来年は左入のリハビリ病院でカフェをオープンし2017年には、「医療と健康のテーマパークにレストランをオープン。KNIの「食」の事業はどんどん広がっていきます。まずは北原国際病院1階カフェにお越しください。
左入の「医療と健康のテーマパーク」で医療×食の理想のレストランを開きます。

北原国際病院 秘書課 栄養士 池上 慶子
池上

埼玉県出身
2010年 東京農業大学短期大学部栄養学科 卒業
2010年 医療法人社団津端会 京葉病院 栄養科
2012年 HATAKE CAFE 新宿伊勢丹
2013年 医療法人社団KNI 北原国際病院

北原国際病院 検査・放射線科 技師長 放射線技師 松本 直素
松本s
東京都出身
1984 城西放射線技術専門学校 卒業
1985 杏林大学病院 放射線科
1997 北原脳神経外科病院 放射線科 技師長
2006 南東京ハートクリニック 検査放射線科主任
2009 市が尾カリヨン病院 放射線科 科長
2010 たちばな台病院 放射線科長
2013 医療法人社団KNI 北原国際病院 放射線科長
診療放射線技師免許取得