主催NGO日本医療開発機構

日本医療開発機構 医療を育むプロジェクト ー東北編ー

  • 日程:2017.09.22(金)〜2017.09.22(金)
  • 料金:500円 ※参加費は活動資金として大切に活用させて頂きます

「宮城県東松島に医療過疎地のモデルを作る」

これまでカンボジアで医療を育んできた日本医療開発機構。実は東北関東大震災の被災地、宮城県東松島市でも医療を育むプロジェクトを行っています。

年間 100 万人以上の観光客が訪 れていた風光明媚な地域資源を誇る、宮城県東松島市。2011 年 3月 11 日の東日本大震災は、その 東松島市に甚大な被害をもたらし、市内では 1,000 人以上の尊い命が 失われました。日本医療開発機構が連携してい る北原ライフサポートクリニック東松島は、同年より現地に入り、 被災住民の要望に後押しされ、2012 年に 200 世帯以上ある仮設 住宅団地の一画に開院しました。 そして、医療やリハビリテーショ ン、メンタルケアプログラムを提 供し、ニーズに応えてきました。 当機構は、東日本大震災から 6 年目を迎えた 2016 年以降、高台 ( 同市野蒜地区 ) に新たに作られる 複合型施設、北原ライフサポートセンターサテライトを拠点とする医療のまち づくりをとおして、将来、日本各地に出現する医療過疎地に医療を届けるモデルを作ります。本イベントでは東松島市での活動を中心に当機構の活動を報告致します。

開催日時:9月22日 18:30(18:00から開場しております。)

このイベントに参加するメリット

宮城県東松島市で実際に活動していたリハビリテーションスタッフが日本医療開発機構の活動について詳しく説明致します。

基本情報

料金500円 ※参加費は活動資金として大切に活用させて頂きます
日程2017.09.22(金)〜2017.09.22(金)
募集人数50
募集団体NGO日本医療開発機構
会場名生涯学習センター(クリエイトホール) 第2学習室
アクセスJR八王子駅北口から徒歩4分
北口駅前、桑並木通りクリエイトホール内
京王八王子駅から徒歩4分

お申し込み

「日本医療開発機構 医療を育むプロジェクト ー東北編ー」のお申込み










captcha  迷惑メール対策のため、左の画像に表示されている文字を入力してください